税理士にマネー相談をする【税のプロフェッショナル】

Staff

負担になる

government staff

交通事故の示談交渉を自分で行うには、多大な労力と時間を必要とします。

交通事故の示談交渉を自分で行うには、多大な労力と時間が必要になります。 交通事故の被害者となった場合には、治療費や自動車の修理代、慰謝料などが請求できます。 保険会社は営利企業である以上、できる賠償金額を少なくする必要があります。 治療が長期間にわたる場合には治療の打ち切りなどを求めてきたり、後遺障害の認定を低くしてくる場合があります。 保険会社の対応に不服がある場合に法律的な異議申し立て手続きを取ることになりますが、法律の素人である者が行うには、大変難しい問題となります。 異議申し立てを行う場合には、法律的な判断や医学的な判断が必要となります。 交通事故の示談交渉を行う場合には、法律の専門家である弁護士に依頼することが最適です。

自動車保険に弁護士費用特約を設定しておくと、便利です。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼した場合には、弁護士費用が発生します。 弁護士への報酬については、以前は弁護士会連合会の報酬規定がありましたが、現在では廃止されており規定等はありません。 この弁護士費用については、相談料、着手金、報酬、交通費等の実費が発生します。 報酬については、慰謝料や賠償金の増額部分に一定の割合で発生するものです。 示談交渉を弁護士に依頼することで、慰謝料や賠償金が増額される場合もあります。 自動車保険には、弁護士費用特約を設定しているものもあります。 この特約がある場合には、依頼人の負担が発生しません。 示談交渉を依頼するかどうかについては、弁護士会が定期的に開催している無料法律相談を利用することが最適です。

Copyright (c) 2015 税理士にマネー相談をする【税のプロフェッショナル】 all reserved.
This template downloaded form free website templates